サブリース契約とは?意味を解説

サブリーズ契約、という言葉は最近賃貸経営などを資産運用や、脱サラ後の第二の人生として手を付ける人が増えて来ているのですがそれに伴い知名度をあげてきた契約ですね。
賃貸経営をする上では、絶対に知っておかなければいけない言葉なのですが、どういう意味なのかを解説していきます。

サブリーズ契約とはどんなものか

空き部屋があっても安心の不動産賃貸経営と言うのは、本来は物件と土地の所有者である大家が入居者と賃貸契約を結ぶ事で、賃料や敷金礼金、更新契約料などを収入とする物です。
その代わり、物件所有者は賃貸物件の品質維持や管理業務、と言った物から入居者同士のトラブルへの介入、滞納している家賃回収そして物件のプロモーションなどを自分で行う物になっているんですね。
家賃収入が全額自分の利益になる、という分管理業務などの一切を自分で行わなくてはいけない物なんです。
更に、家賃収入とは自分の賃貸物件に入居者が全室入っているという状況でなければ、その物件があげることのできる限界の収益を得る事ができないんですね。
空室があれば、当然その部屋の分は維持費はかかりますが家賃収入はないためマイナスになってしまうわけです。
そこが、賃貸経営の難しいところなのですがサブリーズ契約とはこういった管理業務などの委託、そして空室でも家賃収入を保証してもらうことが出来る、と言った契約内容なんですね。
つまりは、空室などが出てしまったり、入居者が家賃を滞納した場合もサブリーズ契約をしている保証会社が肩代わりしてくれる、というサービスになっているのです。
勿論、管理も自分でしなくていいので、賃貸経営における不労所得を重視することが出来るような契約となっているんですね。

サブリーズ契約の詳細について

サブリースを結んだ不動産サブリーズ契約、というのは基本的に賃貸物件の新規建築の際に行う事が多いんですね。
賃貸経営を始める際に、土地を確保してからそこに新規の賃貸物件を建設する際に、サブリーズ業者との契約をする事が多いんですね。
まず、サブリーズ契約というのは賃貸物件をサブリーズ会社が一括借上げをすることで成立する契約となっています。
要は、サブリーズ契約の契約の形というのは全部の部屋の入居契約をサブリーズ会社とする、ということなんですね。
そのため物件所有者としては、物件を建設した瞬間から空室がなくなり、全室の家賃収入を得る事が出来るようになる、というシステムになっているのです。
そのため、空室状況で収入が減ってしまうというようなリスクを下げる事が出来るんですね。
その代わり、サブリーズ契約というのは契約料金と言うものが発生してしまうため、家賃収入の中のうちのいくらか分を割合で支払う、という形になるんです。
そのため、空室状況で一部の部屋が収入が減ってしまうなんてリスクは下がってしまう代わりに、最高収入は減ってしまう、というような物になっています。
要は、ある程度の保証料金を支払うことで、リスクを下げることが出来る、というようになっているんですね。

サブリーズの価値について

これに関しては、個人差とどこと契約を結ぶかによって良い物にもそうでない物にも変わります。
物件所有者が賃貸経営のノウハウを持っていて、個人で充分経営していけるのならばサブリーズ契約は無用の長物ですし、逆に賃貸経営が素人の場合はメリットが活きてくる物です。
そして、サブリーズ契約は結ぶ会社によっても収入が代わるので契約相手選びは慎重さが重要です。