サブリースの契約期間と内容

サブリース契約は、賃貸経営において非常に重要な意味を持ってくる物なのですが、もしも契約する場合は契約期間や費用などについても考えておかなければいけません。
契約については、特にサブリース会社によって内容が変わりますので注意が必要です。

サブリースの契約期間について

まず、サブリースというのは賃貸経営の委託と空室保証をしてもらうことができる契約ではあるのですが、一度契約すればずっとというわけではないんですね。
契約会社によって、どのくらい保証してくれるのかという期間が違うんですね。
最高30年保証なんてところもあれば数年で終わってしまうところもあります。
長期保証の方がいい、と思うかもしれませんがこれに関しては実はそれ程大きなメリットとはいえないのです。

長期保証がメリットではないのはなぜか

まず、サブリース契約の長期保証は実はその間にも数年越しに契約更新が必要になる場合が殆どです。
更に、契約更新はなくても一定期間で家賃の見直しというようなことをするようなところも殆どなんですね。
経年劣化や、物価相場の下落などのことがあるとは言え、その情報もなしに1年目でいきなり家賃をガクっと下げたりするようなこともあるなど、これがサブリースの大きな問題になっているんです。
なので、長期保証というのは必ずしもいいことばかりではないんですね。

保証期間よりも契約内容を確認する

サブリース、というのは法律関係がまだまだ甘く、特に消費者に不利な契約や条件、という物がとても多いんですね。
そのことが、結果的にサブリースの批判を産んでいるわけですがその批判も的はずれなわけではない、という契約内容がたくさん有ります。
なので、しっかり契約内容を確認するようにしましょう。

関連する記事