サブリースの費用について

サブリースの契約をする際には、そもそもどのくらいお金がかかるものなのか、というのが気になりますよね。
業務委託に空室保証などをしてくれるわけですから、費用もそれなりに高いのではないか、と思う人もいるでしょう。

サブリースの費用について

サブリースの契約にかかる費用は、基本的にはその建築物件の賃料から割合で決まるようになっています。
割合がどのくらいになるかは、サブリース契約をする契約会社によっても変わって来るのですが、相場的には3割から1割くらいになっているところが多いですね。
とは言え、基本的にサブリースの契約費用の家賃保証に関する値段の割合金額は、高い方がいいのでどんなに高くても1割を超えるような費用ならばサブリース契約を結ばない方がマシです。
2割3割取るところはあまり信用しないほうがいいでしょうね。

それ以外の費用について

基本的な賃料割合の差し引き額以外にも、例えば普通ならば自分の収入になる敷金礼金と言った金額は、全部サブリース会社が取ることになりますので、これも1つの費用として数えていいでしょう。
敷金に関しては、そもそも退去時や原状回復などに使う金額になっているので、収入とは言わないのですが礼金は元々収入換算されるものなので、此方は明確に減ってしまうと言っていいですね。
他にも、更新料についてもサブリース会社が取ることになっています。

収入の減り方

サブリースの依頼をすると、少なくとも最低家賃の1割以上、そして礼金と更新料がマイナスになってしまう、ということですね。
空室保証されているとは言え、この減り方は決して少なくはないでしょう。
そのため、サブリースは計画的に利用しないと損につながってしまいます。

関連する記事