サブリース契約はメリットだけではない

サブリーズ契約とは、空室への家賃保証や管理業務委託をすることが出来る代わりに、家賃から割合で契約金を支払う、というようなシステムになっているんですね。
これだけ聞くと、魅力的かもしれませんが勿論落とし穴やデメリットもあります。

サブリーズ契約のメリットが活きないケース

まず、サブリーズ契約の意味がなくなるケースが物件所有者が既に賃貸経営のノウハウを持っていたり、信頼出来るアドバイザーなどが居て管理業務や経営業務を委託する必要が無い場合です。
この場合は、自分の経営術によって空室を埋める事もそれほど難しくはありませんので、空室保証のメリットがない上に契約金だけが出ていく、ということで寧ろマイナスになってしまうことがあるんですね。
なので、賃貸経営を自分で出来るスキルが有る場合は意味がないですね。

物件が突出して魅力的な場合

もう一つのケースが、物件が大げさにプロモーションをしなくても魅力的で空室が埋まる事が期待出来るケースです。
立地、設備、外観や条件と言った物全てが優秀なのに、家賃相場絡みてもかなり家賃が安いという設定にする場合は、かんたんなネットプロモーション程度でも充分に空室を埋める事は期待出来るので、此方もサブリーズ契約のメリットは殆ど活きてくる事はないです。

サブリーズ契約の意味

サブリーズ、というのは主に賃貸経営の素人がローンの支払いを安定させるため、空室などによる収入が減る事を防ぐための術、といった感じなんですね。
なので、最初から空室を埋めるだけの経営をすることが出来る自信があれば、家賃は全額収入になりますし、敷金や礼金なども自分の収入になるためサブリーズは必ずしもメリットではないんです。

関連する記事