サブリース契約をする依頼の仕方

サブリースという、賃貸経営の運営などを委託し空室保証などをすることができるシステムがあります。
賃貸経営の素人や、ローン返済などのための収入を安定化させたい人が利用する物ですが、どうやって使えばいいのでしょうか。

サブリースを依頼するには

まず、サブリースを依頼する際には一番必要になるのが一括借上げしてもらうための賃貸物件が必要です。
既存物件、新築物件どちらでもいいのですがサブリース依頼は多くの場合が空き土地に新築物件を建設する際に一括借上げの契約をシてしまうというケースが多いですね。
この場合、サブリース会社と建設会社が提携していることもありますので、物件の建設の際にある程度いい条件を受ける事ができるんですね。
工事費での利益やサブリースなどの契約金の利益を狙いにしているのがサブリース会社なんです。

サブリースをセットにした契約

他にも、投資用物件を購入するという際にもサブリース契約とセットにしているというようなこともあるんですね。
なので、最初からサブリースをすることを前提にして土地や賃貸物件などを売却していることもあるんですね。
サブリース、というのは全体的に物件を持っていて経営をしていたけど、上手く空室が埋まらず、サブリースに後で空室保証をシてもらう、というケースはそれ程多くはないんですね。

サブリースのセオリー

サブリースは、後から契約をすることも出来なくはないのですが基本的に前提になっているのが、新築物件や新規物件購入の際に鳴ることが多いんですね。
後からサブリース契約をしようとすると、断られたりするおともあります。
なので、基本的にはサブリースというのは契約することを前提にして最初に依頼を出した方が通りやすいです。

関連する記事